消費者金融よりも銀行が強い

カードローンやキャッシングのサービスと言えば、消費者金融が主と考えられています。今で定着した消費者金融の呼び名ですが、古くはサラ金やマチ金などと呼ばれており、イメージも良くなかったものです。

 

 

今ではTVCMや上限金利の引き下げ、過剰な貸付を抑制する総量規制をはじめとする改正された貸金業法により、消費者金融のイメージも大きく向上しています。しかし、それにあわせて人気が出てきたのが、銀行のカードローンです。

 

銀行は金融機関であるため、業務の中心は融資となります。一昔前は銀行と言えば企業向けの融資、個人向けでも大口の住宅ローンやリフォームローン、マイカーローンといった商品の提供に留まったものですが、最近では個人向けの小口融資商品であるカードローンに力を入れています。

 

銀行は消費者金融に比べると信頼性が高く、金利も低いといった特徴があり、利用者側の立場からすると安心して借りられます。とは言え、別ページでも書いていますが、銀行のカードローンの審査は消費者金融が行っている場合が多いです。

 

大手消費者金融の即日キャッシングのアコムでも多くの銀行カードローンの保証審査を行っており、返済に関するトラブルがあれば結局はアコムに対して支払いや対応をすることとなります。銀行だから安心、消費者金融とは違うとは考えず、銀行カードローンの姿を知ってから借りるようにしましょう。

 

銀行のカードローンが注目を集める

消費者金融でカードローンを組む人もいますが、今は銀行のカードローンが注目されています。カードローン選びで重要な項目の1つに金利があります。借入れをすると利息がかかりますが、金利が低い程かかる利息も少なくなります。消費者金融と比べて低金利な銀行は、それだけで注目されている理由になります。

 

銀行のカードローンが注目されている理由は他にもあります。対応が消費者金融並みにスピーディになった点と、審査が柔軟な点です。

 

低金利な銀行のカードローン

金利には最高金利と最低金利があります。借りた時の条件によって、金利が決まりますが、少額のカードローンでは最高金利が適用される可能性が非常に高いです。そのため、カードローンを検討していて、数十万円程度までの借入れを検討しているなら、最高金利で比較すべきです。

 

消費者金融の最高金利は18.0%に設定されているところが多いのに対して、銀行のカードローンの金利は15.0%以下に設定されているところが多いです。消費者金融の最高金利がどこもほぼ変わらないのに比べ、銀行のカードローンの金利には差があるので、きちんと探せばよりお得にカードローンがりようできます。

 

対応がスピーディになってきている

消費者金融では、審査が30分で終わったり、その日の内に融資してもらえたり、来店不要でインターネットでの契約ができたりと、何かと対応がスピーディです。一方で銀行のローンの審査は2日以上かかる場合もあり、消費者金融と比べると見劣りしていました。

 

しかし、カードローンに関してはその限りではなく即日で審査、融資を受けられるカードローンも増えてきました。ネットからの契約で来店不要で組めるカードローンもあります。

 

対象が幅広いな銀行のカードローン

銀行のカードローンの審査は柔軟です。消費者金融のカードローンは通りやすいと思われがちですが、年収の1/3を超える金額の借入れはできない、専業主婦は借入れできない、などの制約があります。これは総量規制という法律があるからなので、消費者金融独自の判断でどうこうできるものではありません。

 

銀行は総量規制の対象外なので、年収の1/3を超える金額の貸付けや、専業主婦への貸付けも行えます。人によっては、消費者金融よりも銀行の方が審査に通る可能性があるケースも少なくありません。

 

ただし、銀行の審査が消費者金融に比べて緩いという訳ではありません。金利が低い分、厳しくなる面もある点には注意が必要です。

 

実際に年収の制限が設けられてはいない銀行のカードローンでも、審査の基準は厳しくなっているケースがあります。代表的なカードローンはオリックス銀行が提供する商品で、アルバイトやパートの方でも申し込みは可能ですが、審査に通るのは難しくなっています。

 

その分、審査に通ればオリックス銀行の限度額を見ても分かるように大きな金額で借りられる可能性があるため、優れたカードローンとなっているのです。